Septeni Engineer's Blog

セプテーニエンジニアが綴る技術ブログ

実験レポート:「学びの仕組み」としての社内読書会

スクラムマスターの貫名です。

3月も最終日ということで、この半年間続けてきた社内読書会についてちょっと振り返ってみようと思います。

先に言っておくと弊社で実施している読書会は大学発教育支援コンソーシアム推進機構にて紹介されております知識構成型ジグゾー法という手法をアレンジし、毎週火曜のランチ時間に有志で集まり開催しています。

続きを読む

すごーい!MotionAIは簡単にチャットボットを作れるフレンズなんだね!

こんにちはであります。広幡です。
タイトルはけものフレンズですが、まったく関係ありません。

で、本題なんですが、最近仕事でMotion AIを知る機会があり、気になったので触ってみました。

www.motion.ai

チャットボットをフローチャート形式で簡単に作成でき、
Slackとの連携やらWebに貼り付けたりやら色々できるみたいで、すっごーい!

ここでは簡単なやり取りができるチャットボットを作ってSlackと連携してみましょう!
※登録等の説明は省きます。

さっそくBotを作ってみる


僕の同期は絵が得意なフレンズで、その人が書いてくれたさおちゃんを使ったBotを作成してみます。

f:id:t_hirohata:20170329172113j:plain

すっごーい!控えめに言って最悪だね!
今回はこの子と簡単なお話ができるようなBotを作ってみることにします。

続きを読む

エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計 読書メモ6 [最終回]

元記事はこちら

エリック・エヴァンスドメイン駆動設計 読書メモ6

読書メモ5 の続き。

第16章 大規模な構造

1モジュールが適切なサイズに切り出されていても、モジュール数が多くなると複雑さにより理解が難しくなる。このときシステム全体の大まかな構造(大規模な構造)が助けになる。

続きを読む

開発合宿2017やってきました!

みなさまこんにちは、杉谷ともうします。

最近、@kawachiさん等、新しい方がもりもりとジョインしてくださっていることもあり、 いろいろとフレッシュな感じになってきているセプテーニ・オリジナルでございます。

そういった中、親睦を深めるのも含めて開発合宿行ってみよう!と有志の方々が企画してくれたので 群馬県に二泊三日で開発合宿行ってきました!!1

新幹線移動いえーいの図 f:id:ysugitani:20170324154914j:plain


  1. 各種費用はもちろん会社から。

続きを読む

エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計 読書メモ4

元記事はこちら

読書メモ3 の続き。 引き続き第14章を読みました。

第4部 戦略的設計

システムの複雑さがました場合、全詳細を把握することなくモデルを把握するためのテクニックが必要だ。 コンテキスト、蒸留、大規模な構造をみていく。

続きを読む

エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計 読書メモ3

元記事はこちら

読書メモ2 の続き。 引き続き第3部を読みました。

第3部 より深い洞察へ向かうリファクタリング

リファクタリングというとプログラムの機能を変えずに、例えば関数などの小さな単位でより良い実装へ変更することを指すことが多いと思う。 ここで話しているリファクタリングの対象は設計。設計を段階的、継続的に変えていくことを指している。

続きを読む