Septeni Engineer's Blog

セプテーニ・オリジナルのエンジニアが綴る技術ブログ

scala.concurrent.blocking()

こんにちは。3月にセプテーニ・オリジナルに入社した河内です。 新しい環境でフレッシュな気持ちで業務に取り組んでおります。 さて scala.concurrent.blocking() は全く新しくない話ですが、あまり知られていないのかな、と感じるので書いておきます。 scal…

制約条件の活用について

こんにちは、スクラムマスターやってます貫名です。 現在弊社ではodd-e Japanアジャイルコーチの江端氏に文字通りコーチング頂き、絶賛チーム開発へのテコ入れを実施しています。この期間の学びは多岐に渡りますが、その中でもタイトルに出した「制約条件の…

ペアプログラミングの勧め

みなさま、こんにちは。 昨年、11月に中途で入社しました堀越というものでございます。 つい最近のお話ですが、業務でペアプログラミングなるものを実施しました。 良いなと感じる点が多かったので説明も兼ねて共有します。 ペアプログラミング 2人のプログ…

Solarizedで目に優しいターミナル

こんにちは。エンジニア2年目の大北です! 最近同期がtigを導入していたので、私も入れてみました。 こんな感じです。 tigの機能は素晴らしくて、1行だけgit addしたり、addしたやつを戻したりなどが自由にできるんですが、かなりカラフルで目がチカチカして…

GANMA!チームのScrumについて

GANMA!開発エンジニアの盛岡(@morizooo)です。 3月からScrumへの取り組み方を変えており、形になってきたので、 どのような変化があったかを共有したいと思います。 背景 今までの開発手法としてはSCRUM BOOT CAMPを読んだ後に独自で考えた手法で、 以下のよ…

ScalaでDeeplearning4jを使い自動運転で峠を攻める!

こんにちは。菅野です。 最近、AIとか機械学習とかが話題ですね。 AIに仕事を奪われる職業がどうとかの記事もよく見かけます。 このブログ記事もAIが書いてくれたら良いのにと思っている今日この頃です。 …でも思ってるだけでは仕事を奪ってくれないので、や…

vue-playとvue-styleguide-generatorでVueコンポーネント開発

Vue

こんにちは、丸山です。 JavaScriptフレームワークのひとつVue.jsの主な機能のひとつに、コンポーネントがあります。 コンポーネントはUIの部品のようなもので、(最初から特定の機能のために使われることが想定されている場合以外は)なるべく独立して再利…

ScalaでAndroid開発をする方法 / セプテーニ技術読本(2017) PDF配布

こんにちは!杉谷と申します。 セプテーニグループのセプテーニ・オリジナル社とコミックスマート社のCTOを務めています。 AndroidがKotlinを正式サポートというニュースが駆け巡っています。 同じJVM系のScalaはどうなの?Androidで使えるの?と思われた方…

Tableauテクニック

どうも西山です。 現在はBatch処理等でたいしたネタが無かったのでTableauを使ってた時のネタを公開します。 選択項目が多い場合は一つのシートにまとめる。 ダッシュボードで操作フィルターが多い場合はフィルター用のシートを作成して そこに項目周りを統…

実験レポート:「学びの仕組み」としての社内読書会

スクラムマスターの貫名です。 3月も最終日ということで、この半年間続けてきた社内読書会についてちょっと振り返ってみようと思います。 先に言っておくと弊社で実施している読書会は大学発教育支援コンソーシアム推進機構にて紹介されております知識構成型…

すごーい!MotionAIは簡単にチャットボットを作れるフレンズなんだね!

こんにちはであります。広幡です。 タイトルはけものフレンズですが、まったく関係ありません。 で、本題なんですが、最近仕事でMotion AIを知る機会があり、気になったので触ってみました。 www.motion.ai チャットボットをフローチャート形式で簡単に作成…

エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計 読書メモ6 [最終回]

元記事はこちら エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計 読書メモ6 読書メモ5 の続き。 第16章 大規模な構造 1モジュールが適切なサイズに切り出されていても、モジュール数が多くなると複雑さにより理解が難しくなる。このときシステム全体の大まかな構造(…

開発合宿2017やってきました!

みなさまこんにちは、杉谷ともうします。 最近、@kawachiさん等、新しい方がもりもりとジョインしてくださっていることもあり、 いろいろとフレッシュな感じになってきているセプテーニ・オリジナルでございます。 そういった中、親睦を深めるのも含めて開発…

エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計 読書メモ5

元記事はこちら 読書メモ4 の続き。 引き続き第15章を読みました。だんだん読むペースが落ちてきている。 第15章 蒸留 モデルから本質的なものを抽出し、価値を高めるプロセスのこと。

エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計 読書メモ4

元記事はこちら 読書メモ3 の続き。 引き続き第14章を読みました。 第4部 戦略的設計 システムの複雑さがました場合、全詳細を把握することなくモデルを把握するためのテクニックが必要だ。 コンテキスト、蒸留、大規模な構造をみていく。

エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計 読書メモ3

元記事はこちら 読書メモ2 の続き。 引き続き第3部を読みました。 第3部 より深い洞察へ向かうリファクタリング リファクタリングというとプログラムの機能を変えずに、例えば関数などの小さな単位でより良い実装へ変更することを指すことが多いと思う。 こ…

Scrumにおける透明性

広告ツールチームでスクラムマスターをやっています貫名です。 先日、odd-e Japanアジャイル・コーチの江端氏をお招きしチーム開発やScrumについての1日研修を実施しました。 学び多き時間だったのですが「透明性」について改めての気づきがあり、我々の現…

エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計 読書メモ2

元記事はこちら 読書メモ1 の続き。 引き続き読書しています。第2部を読みました。

エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計 読書メモ1

元記事はこちら 研修でエヴァンス本を読むという課題を頂いており、自席で読書に勤しんでおります。Scala + DDD でやっているので DDD の部分を身につけるという文脈です。読むだけだと忘れてしまうので、自分が特に重要だと感じた点に絞ってメモを残します。

DroidKaigiで発表中にスライドがフリーズした話

次はGoogleスライドで作ろう…。 GANMA!開発チームのゆのうえです。 先日DroidKaigi 2017にて「実践アニメーション」という講義をさせていただきました。 発表資料はこちらになります。

もくもく会をやっています

セプテーニ・オリジナルの池田です。 みなさん普段プライベートでの作業や勉強はどこでやってますか? 自宅で快適な開発環境が整っているエンジニアも大勢いらっしゃると思いますが、 僕は家だと集中できなかったり、カフェだと電源やwifiなどの関係で長時間…

コンテキストマップをPlantUMLで書いてみた。

こんにちは。新卒1年目の佐野です。 弊社のほとんどのチームではドメイン駆動設計(以下、DDD)を実践しており、どのチームでもドメインの詳細やドメイン同士の関係性などコンテキストマップを図として可視化させています。Cacooなどのスケッチツールを用いて…

IntelliJでリファクタリング

こんにちは、丸山です。 会社で開発をするときはIntelliJを使っていますが、このIntelliJにはリファクタリング機能があります。 そこでリファクタリングについての書籍である、Martin Fowlerの『新装版 リファクタリング―既存のコードを安全に改善する―』の…

単一責任の原則(SRP)についての見解と方法論

こんにちは@kimutyamです。 今週末はいよいよScalaMatsuri2017ですね。 弊社は、今年も将軍スポンサーとして参加させていただきます。 そして今年も同人誌を配布させていただきます。 同人誌については去年配布した話を杉谷がブログで紹介しております。 lab…

《Scala》Future[Unit]は気をつけて使おうの話

※ 2017/2/16 24:00 サンプルコードをより意図が分かりやすいと思われるコードに変更しました。 元の文章は後ろの方に置いてあります。 こんにちは、杉谷と申します。 ちょと前までエグゼクティブエンジニアというよく分からない肩書きだったのですが、よく分…

新人エンジニアでも使えるようになった基本のGitコマンド

新卒1年目の大北です。 未経験で入社してから分からないことは多々あったのですが、特にGitが苦手でした。 そこで見かねた先輩に一つひとつ手順を教えていただいて、その後ミスも無くなってきました! 今回はそのGitの基本操作とコマンドを紹介していきます。…

レトロスペクティブのブレストで出たアイデアを効果的に絞る方法について整理した、考えた

昨年10月から、広告ツールチームの専任スクラムマスターに従事しています貫名です。 チームのレトロスペクティブを振り返ってた時「ブレストで出たアイデアを効果的に絞る方法」が気になって書籍を頼りながら考察したのでまとめてみます。 そもそもブレーン…

私がセプテーニ・オリジナルの環境で良いと思っているところ

貴子です。 pyxisという社内ツールのインフラ構築 + 運用保守を一人でやっています。 弊社(オリジナルだけでなくセプテーニグループ全体)にはWOMAN賞という 「仕事とプライベートを両立し、キラキラ働いている女性」に送られるものがあります。 半年に一度、…

フレーム駆動設計で複雑なアニメーションに立ち向かう

こんにちは。寺坂です。 複雑なアニメーションでも、突き詰めると アニメーション == フレームの連続 になります。 一枚一枚のフレームをそのまま実装に落とし込むことができれば、 表現力はそのままに、シンプルなアプローチが可能となりますね。 今回はフ…

Akka Streamでスクレイピング時にサーバーに思いやりを与える

こんにちは、菅野です。 近頃はWeb上で様々なサービスが誕生し、誰もが便利に使っていると思います。また、IFTTTでそれらを繋いだり、イベントをLINEに通知したりするのも簡単です。 それはAPIが公開されているからなのですが、データがほしいけどAPIが公開…