読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Septeni Engineer's Blog

セプテーニエンジニアが綴る技術ブログ

Tera Termマクロ実例 その1 SSH自動ログイン

Linux

damayaです。
2013年の1か月が過ぎました。時が過ぎるのは早いものです。

今回はTera Termのマクロについて便利な例を紹介します。
Tera Termのマクロは、拡張子ttlのテキストファイルをダブルクリックすれば実行されます。
実行されない場合は、C:\Program Files (x86)\teraterm\ttpmacro.exe と関連付けを行ってください。

SSH接続例

; 10.0.0.0 へSSH1で接続し、ユーザー名とパスワードを指定してログインし、ウィンドウのタイトルを変更する
connect '10.0.0.0:22 /ssh /1 /auth=password /user=name /passwd=password /W="●開発●septeniプロジェクト"'

; 10.0.0.0 へSSH2で接続し、ユーザー名とパスワードを指定してログインし、ウィンドウのタイトルを変更する
connect '10.0.0.0:22 /ssh /2 /auth=password /user=name /passwd=password /W="●開発●septeniプロジェクト"'

; 10.0.0.0 へSSH2で接続し、ユーザー名とパスワードと秘密鍵ファイルを指定してログインし、ウィンドウのタイトルを変更する
connect '10.0.0.0:22 /ssh /2 /auth=password /user=name /passwd=password /keyfile="C:\server_connect_rsa" /W="●開発●septeniプロジェクト"'

ウィンドウのタイトルを変更するとタスクバーも変更されるので、このウィンドウはどこに接続しているのか解り易くなります。

▼サーバーに接続し、Apacheアクセスログを表示する例

; 接続
connect '10.0.0.0:22 /ssh /2 /auth=password /user=name /passwd=password /keyfile="C:\server_connect_rsa" /W="●開発●septeniプロジェクト"'

; コマンドプロンプトを待つ
wait '$ '

; コマンドを実行
sendln 'tail -f /var/log/httpd/access.log'


▼サーバーに接続し、一通りマクロ処理を実行後、自動でTera Termのウィンドウを閉じる例

この続きは「もっと読む」からどうぞ。

; 接続
connect '10.0.0.0:22 /ssh /2 /auth=password /user=name /passwd=password /keyfile="C:\server_connect_rsa" /W="●開発●septeniプロジェクト"'

; コマンドプロンプトを待つ
wait '$ '

; dateコマンドを実行
sendln 'date'

; コマンドプロンプトを待つ
wait '$ '

; ウィンドウを閉じる
closett


▼コマンドまとめ

コマンド 説明
connect ホスト名又はIPアドレスの指定されたポートに接続する
wait 指定された文字列がサーバーから送られてくるまで、以降の処理を待つ
sendln 文字列と最後に改行をサーバーに送る
closett Tera Termのウィンドウを閉じる
; マクロ内でコメント行とする

※パスワードは平文のテキストの為、マクロファイルの管理には注意してください。
 便利と危険は紙一重です。

それでは、またエンジニアBlogでお会いしましょう!