読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Septeni Engineer's Blog

セプテーニエンジニアが綴る技術ブログ

CasperJSで画面操作系テストを自動化する

こんばんは。関です。

今回は、最近ちょろっと導入してみたCasperJSについて簡単に説明します。すごく簡単に。

まず、PhantomJSとCasperJSをインストール。

brew install node
npm install phantomjs casperjs
export PATH=./node_modules/.bin:$PATH

以下は、Googleで”サッカー”と検索し結果をチェックするスクリプトです。

test.js

casper.test.begin('Google検索テスト', function suite(test) {
  casper.start('http://www.google.co.jp/', function () {
    test.assertHttpStatus(200);
    this.fillSelectors('form[action="/search"]', {
      'input[name="q"]': 'サッカー'
    }, true);
    console.log('"サッカー"で検索します');
  });

  casper.then(function () {
    test.assertHttpStatus(200);
    test.assertTitle('サッカー - Google 検索', '正しいタイトルです');
    test.assertUrlMatch(/q=サッカー/, '正しい検索パラメータです');
    test.assertEval(function () {
      return __utils__.findAll('h3.r').length >= 10;
    }, '"サッカー"の検索結果を10件以上取得しました');
  });

  casper.run(function () {
    test.done();
  });
});

コマンドで実行。

casperjs test test.js

こんな感じで返ってきます。すごく簡単ですね。 f:id:k_seki_s:20151117004015p:plain

ちなみに、非同期処理に対するテストを書きたい場合は、以下のようになります

  casper.waitFor(isSearched, function () {
    // 好きな処理
  });

  // 10件以上の結果を取得するとtrueを返す
  function isSearched() {
    return this.evaluate(function () {
      return __utils__.findAll('h3.r').length >= 10;
    });
  }

gulpやgruntなどと組み合わせればより素敵になりますよ。