Septeni Engineer's Blog

セプテーニエンジニアが綴る技術ブログ

エンジニア業務に役立つ英語学習のコツ

はじめまして、4月から新卒入社した大北です。 実は私、入社するまでプログラミング経験が0でした。現在はHttpやデータベースなど、プログラミングの基本を1から、マンツーマンで叩き込んでいただいています。

そんな私がこれまでやってきたことのうち、唯一役に立っていると感じるのが英語学習です。開発用語は英単語が多いですし、クラス名などを考えたり、ドキュメントを読んだり、意外と英語を使う機会が多いですよね。

今回は入社してからの3ヶ月間で使った英語学習方法をお伝えします。

1. 語彙は類語辞典で増やす

このメソッドをcreateって名付けたいけど、すでに使ってしまった...なんていう時は、”言い換えたい単語 synonym”で検索しましょう。synonymとは類語という意味で、単語 + synonymで検索すると、大抵その単語の類語辞典のページがヒットします。 10〜20個程度は教えてくれるので、その中から適当なものを選んでくださいね。

おすすめの類語辞典

1. theSaurus

単語の意味の近さ(relavance)、難しさ(complexity)などで色分けできるのがポイント高いです。

www.thesaurus.com

2. Power the Saurus

名前が似てますが、こちらはユーザーからの投票を元にsynonymをランキング形式で表示してくれます。

www.powerthesaurus.org

3. Codic

最後に、日本語から自動でメソッド名を作成してくれるさらにお手軽なツールです。

codic.jp

2. 知らない単語は接頭辞, 接尾辞で推測する

メソッド名やエラーメッセージに表示される、プログラミングで使われる単語には、長く聞きなれないものも多いです。ただ、いちいち検索するのは面倒ですよね。

そのようなとき、接頭辞(prefix)、接尾辞(suffix)の知識があると、なんとなくですが単語の意味を推測できます。

接頭辞、接尾辞とは、単語の前や後につける決まり文句です。例えば、まだ定義されていないという意味の”undefined”の”un”などが該当します。日本語で言うと”未定義”の”未”のようなイメージです。

基本のprefix 10選

Prefix 意味 単語例
anti 反対の antipattern(悪い例)
de- 〜から離れて degrade(グレードが下がる)
dis- not, opposite of disagree(反対する)
in-, im-, il-, ir- 〜でない impossible(可能性がない)
mis- 謝って mistake(失敗する)
re- again refactor(リファクタリングする)
sub- 下の subgroup(下位グループ)
trans- を渡った transform(形を変える)
un- 未・〜でない unavailable(使えない)

基本のSuffix 5選

Suffix 意味 単語例
-able, -ible 〜できる variable(変数)
-en から作られた widen(広がった)
-er 〜人 engineer(エンジニア)
-ful 〜でいっぱいの successful(成功した)
-ology 〜学・論 methodology(方法論)

ちなみにもっともよく使われるsuffixは、動詞の時制変化のed, ing, 複数形の s, esなどだそうです。 この他にも色々あるので、prefix, suffixで検索してみてくださいね。

3. Google検索で簡単に文法をチェック

最後に英語を書く際に、簡単に正しい文法や言い回しをチェックする方法を、ご紹介します。英作文をしているときに、時制や前置詞の位置、複数形か単数形かなど、いろいろ気になりますよね。

そんなときに便利なのが、思い付いた部分をそのまま検索することです。ネイティブが実際に使っている表現かどうか、その検索結果数で判断できるからです。

例えば、保守、メンテナンスすることと言いたいときに、文法上だと

  • maintainancing 
  • to maintainance

の2つが考えられると思います。

ですが、それぞれ完全一致検索として””で囲って調べてみると

  • maintainancing / 20,900 件
  • to maintainance / 5,160,000 件

圧倒的にto maintananceで使われることが多いとわかります。

また動詞と目的語の間に前置詞を入れるか迷う例として、adviseについて見てみると

  • advise you  / 364,000 件
  • advise to you / 25,800,000 件

この場合は advise you が正しいようです。

何となく覚えている言い回しだけど、本当に正しいのかな...なんてときは、 ぜひそのまま検索してみてください。

ご紹介した3つのポイントで、毎日の業務を少しでも効率よく進めてみてくださいね。