Septeni Engineer's Blog

セプテーニ・オリジナルのエンジニアが綴る技術ブログ

Scala秋祭り開催しました!

こんにちは。セプテーニ・オリジナルの池田です。

先日サイバーエージェントさん、ビズリーチさん、チャットワークさん、そしてセプテーニ・オリジナルの4社で、「Scala秋祭り」を開催しました!!

f:id:taketor:20190917175728p:plain

【増席】Scala秋祭り - connpass

今年6月に開催されたScalaMatsuri2019にて、各社ブースが近く一緒にイベントしましょうとのことで話しをしまして、今回開催する運びになりました。

▲ 当日の様子

Scala秋祭りケータリング

Scala秋祭りでは、各社からScalaに関わる発表、LT、懇親会を行い今回100人規模のイベントになりました。

発表テーマはこちらです。

各社からの発表

Scala における継続モナドの実装と活用

speakerdeck.com

登壇者 青山 直紀氏 / セプテーニ・オリジナル

From Tagless-Final to Typed-Final: Program Transformations in the Final Style

speakerdeck.com

登壇者 鈴木健一氏 / ビズリーチ

広告配信システムでのトラフィック計測と実装方法

speakerdeck.com

登壇者 黒崎 優太氏 / サイバーエージェント

サマーインターンシップ2019で学生とDDDなScala開発に取り組んだ

speakerdeck.com

登壇者 藤井 善隆氏 / チャットワーク

公募LT

Scala好きな方々に発表していただきました。

面倒なことはScalaスクリプトにやらせよう

docs.google.com

登壇者 @blac_k_eyさん

Dependency injection at AbemaTV

docs.google.com

登壇者 @omarun_4263さん

SaaS企業をスケールするためにScalaを選択した理由と1年間の振り返り

speakerdeck.com

登壇者 @showmant_さん

もう一つのビルドツール mill で Docker イメージを作る

speakerdeck.com

登壇者 @atty303さん

sbtを開発の中で活用する方法・例について

docs.google.com

登壇者 @ k_bigwheelさん

総括

色々な分野の話があり、盛り上がったのではないかと思いました。 また、参加者から頂いたフィードバックからも、良いイベントだったという声が多く、開催してよかったと思いました。

今回、参加された皆様、登壇してくださった皆様、各社の調整してくださった人事皆様、当日お手伝いをしてくれたスタッフのみなさん、本当にありがとうございました。

各発表の様子については #ScalaAkiMatsuri のハッシュタグにてトゥギャッターしましたのでご確認ください。 togetter.com

また@omiendさんも即日イベントのレポートしてくださいました。(ありがとうございます。)

omiend.hatenablog.jp

当日の様子

各社発表の部

▲全体の様子

▲ 青山氏による発表「Scala における継続モナドの実装と活用」

▲ 鈴木氏による発表「From Tagless-Final to Typed-Final: Program Transformations in the Final Style」

▲ 黒崎氏による発表「広告配信システムでのトラフィック計測と実装方法」

▲ 藤井氏による発表「サマーインターンシップ2019で学生とDDDなScala開発に取り組んだ」

LTの部

@blac_k_eyさん 「 面倒なことはScalaスクリプトにやらせよう」

@omarun_4263さん「 Dependency injection at AbemaTV」

@showmant_さん「 SaaS企業をスケールするためにScalaを選択した理由と1年間の振り返り」

@atty303さん「 もう一つのビルドツール mill で Docker イメージを作る」

@ k_bigwheelさん「 sbtを開発の中で活用する方法・例について」

麻植さんより総評 (PyCon JP2019と被っている中、ご参加頂きありがとうございました!)

次回のScalaMatsuriが来年の5月を予定しているとのことでした。

かとじゅんさんより乾杯のご発声

▲ 懇親会

▲ 各社の人事のみなさま

今回の企画と運営、各社の社内調整して頂きました。本当にありがとうございました!