YosukeKanmei

Atlassianエバンジェリストを呼んで社内セミナーやってみた


貫名(かんめい)と申します。私は普段プロダクトの企画をやったり運用業務をやったりと、いわゆる非エンジニアです。


今はプロジェクト横断でプロダクトオーナーの業務は円滑に進むような支援(というなの雑用)がメインとなっており、


今日、社内向けにやったセミナーについて簡単な報告レポートを投稿したいと思います。


1年前くらいから、開発支援ツールを導入しました


こちらの記事でも投稿させて頂いているように、開発組織の改革をグイグイ進める一環で、Atlassian社の開発支援ツールを1年前くらいから導入しています。


当時は私もあるプロジェクトのプロダクトオーナーをやっていましたので、「コンフルエンス?ジラ??なんぞそれ??」という感じでしたが、会社も意図をもって導入してるんだしと、ものは試しだ!くらいの感覚で使ってみることから始めました。


それ以前で言えば、Microsoft製品(パワポ・エクセル)を使ったりGoogleプロダクト(スプレッドシート)を使っていたのですが、バージョン管理だけで言ってもとっても便利だなぁーという感想を持ったのを今でも覚えています。(この辺についてはまた別の機会でブログ書けたらなーとか思います。)


そろそろ標準的な使い方ってのを知りたいね


前提として、ツールを使いこなすことは目的では無いです。我々の会社も多くの他の会社と同様で、日々変化するビジネス側の要望とうまく付き合いながら、価値あるプロダクトを提供し続けることを良しとしながら日々精進しています。


徐々にスクラム開発もチームに浸透しつつある今日この頃、チームにもよりますが「ユーザーストーリをそのままプロダクトバックログに書くと、ポイントが大きくなりすぎるよね・・・」とか「テストからデプロイまでのチケットのステータス管理はどうしたら良いのかな・・・」など、こみいった質問があがってくるようになりました。


目的(=良いプロダクトを作る、良い開発をする)に向かって各チームが存分に走れるように開発インフラの整備に着手して1年、開発支援ツールについても「標準的な使い方」を知るには良いタイミングになってきました。そこでAtlassian テクニカル エバンジェリストの長沢氏にお越しいただき、社内向けセミナーを開催することにしました。


やってみて良かった点と改善点


詳細の内容は割愛しますので、ご興味ある方は長沢氏のサイトをご参照ください。当初の狙い通りの感想を得られた一方、改善できる点も見つけられたので、総論やって良かったなと思います。


「今までアナログでやっていた部分をある程度ルールを決めることで効率化できると感じた。」
「(セミナーでの学びを活用することで)よりストーリの進捗具合を可視化できそう」
「企画からデプロイまで全て一貫させることでの効率性の高さが素晴らしかった。」
「実際のプロジェクトで使っている環境だともっとイメージがわきやすかった」    -事後アンケートより抜粋


また、「みんな日々の業務で課題を持っている割には質問少なかったかもね」という声もちらほら聞かれましたので ”事後だけじゃなく事前にもアンケートとっておく” など、参加するハードルを無闇に上げるのではなく参加者が前のめりで参加出来るような仕組み作りは運用する側として頑張りたいなぁと思った次第です。


以上!

YunoueNaoya

android.support.v7.graphics.Paletteの導入


ファッションコーディネートアプリMANTのAndroid版を担当している湯上です。

たまにAndroidネタを書いていく予定です。


今日はLollipopの登場とともにSupport Libraryに追加されたPaletteを紹介したいと思います。

画像から目立つ色を自動的に抽出することができる便利なクラスです。
同時期に追加されたRecyclerView, Toolbarなどの花形に比べると地味ではありますが、どこかで使ってみたくなる魅力的な機能です。

y_sugitani

Septeni×Scala勉強会


杉谷ともうします。前回の記事がはてブ100超えて嬉しかったです。


セプテーニってしってる?


しってる?しらない?…ですよね。


我々セプテーニは知名度がありません。すごくありません。


いや、ネット広告業界ではサイバーエージェント・我々・オプトでビッグ3?トップ3?御三家?とか呼ばれていて有名らしいのですが、僕は転職活動をするまで全然知りませんでした。


普通に開発をしていて広告業界とふれあうことはそれほどありませんので(広告SDK入れるくらい?)
エンジニア界隈での知名度は相当低い物と思われます。


開発組織はマンボウですか?


開発組織はマンボウのようによく死にます。(※)


たとえば


エンジニアを”調達しやすい”と、普及率の高い言語で開発させたが、長期開発に真に必要だったのは意識の高さだったので最終的にはにっちもさっちも行かなくなった、とか。


ヒット作を連発して、知名度もお金も沢山稼げたので、高給を払って人も沢山取れたが、イケイケドンドンであまりエンジニアリングを大事にしなかった結果、嫌気を感じた人が大量に辞めた、とか。


はよく見る光景ですが、それ以前に


そもそも知名度がなさ過ぎるし職場の魅力もなさ過ぎて人が来ず、立ち枯れする


というのも結構あるとおもいます。


(※)別にマンボウもそんな簡単には死ぬわけじゃないそうですが。


良くしてから見せる、が生きる道


組織を維持するためには採用は重大な問題です。


かといって、人が必要だからと、お金を掛けて求人と沢山だしたり、人を引き抜いたり、というところ”から”始めるというのは、あまりよい手段には思いません。


良い開発組織を作る、というのはその組織に属するエンジニアと、その顧客(社内・社外問わず)両方を幸せにできる、を目標とし、それを実現するために整える・ちゃんとやる、を第一歩としたうえ、整えた結果を世に公開し、やり方に共感してくれる人を仲間として迎えていく、ところから始めるのが基本のようにおもいます。


「ネットに存在する」を目指すといったところでしょうか?


勉強会をやってみよう。


というわけで “Septeni×Scala”勉強会 #1を開催します。
第一回はScalaに興味がある方々を対象とした内容とする予定です。


前回の記事でご紹介したように、
我々はGANMA!と、開発中の2プロダクトがScalaを採用していますし
今後も適材適所でScala利用の場所を増やしていく予定ですが、このような状態にもっていくための手練手管の詳細を紹介しようかなとおもっています。


昨年あたりからScalaを耳にすることが多くなってきましたが、実際問題Scalaってどうなの?以前に、Scalaを自分の会社に導入できるの?ということが気になっている方はどうぞお越しください。


ほかにも


  • ScalaとDDDで有名な かとじゅん
  • 去年の新卒で、元々文系・初めてちゃんとやった言語がScalaな寺坂くん

の発表を予定しています。


最初なので拙いかもしれませんが、ちゃんと自分たちがネット上に存在できるよう、継続してやっていこうとおもいます。


どうぞよろしくお願いいたします。

iTerasaka

[swift]スワイプ移動できるページUIを50行で実装する


こんばんは!
セプテーニ・オリジナルの寺坂です。


現在、エンジニア一年目。


勉強の日々でございます。





いまの仕事で「iOS開発」に携わっているので、
今回は、Swiftネタを書きます。


つたない所があるかもしれませんが、
温かい目で最後までご一読いただけると嬉しいです!


それでは、よろしくお願いします。


スワイプ移動ページUIの実現


ここでの スワイプ移動ページUI とは、


「あらかじめ複数のページを横に並べておいて、
スワイプによって横スクロール式にページを切り替える」
UIを指しています。


ShimomuraTomoyuki

マウスを使わないでどこまで出来るか粘ってみた[入門編 Mac]


新年あけましておめでとうございます!


一時期、マウス使わないのカッコいい!!とギークな感じに憧れて
極力マウスを使わないで生活するなんて不毛なことにトライしてたんですが、


解決したいことを目的別に考えると、便利ツールも多く今でも手放せないツールがあるので
最終的にマウスを使わなくて生活できる!のゴールに沿って、目的別にツールを紹介したいと思います。


目的別インデックス


  • 検索周り(chrome前提)
  • アプリケーション移動
  • ウインドウ操作
  • マウス操作(おまけ)