FLINTERS Engineer's Blog

FLINTERSのエンジニアが綴る技術ブログ

Prismaを使ってサクッとGraphQLのバックエンドを作成する!

こんにちは。菅野です。

最近はスマホアプリ全盛期ですね。誰しもが毎日たくさんのアプリを使っていると思います。
アプリでしかサービスを展開していないものもたくさんあったりします。

そのアプリを開発するときには、バックエンド側はFirebaseのようなmBaaSを利用するのが一番手軽だと思います。
ただ、mBaaSが用意するデータベースの中にはちょっと特殊なものもありますよね。別のサービスに乗り換えたくなったときとかに困るのでは?と思ったりもします。
あと、DBはRDBであることが要件の場合も少し悩ましいです。

そこで、mBaaSに頼らずに手軽にアプリのデータ置き場を作成できるか試してみるためにPrismaを使ってGraphQLのバックエンドを作成してみたので紹介します。

Prismaとは

www.prisma.io

Prismaとはnode.jsのORMです。特徴はGraphQLとの親和性の高さです。

良いところ

  • GraphQLと親和性が高い
  • DBのマイグレーションツールも付属
  • TypeScriptに対応しているので型安全
  • N+1問題に対応してるみたい

今回はこのPrismaを使ってGraphQLサーバーをササッと作ってみようと思います。

続きを読む

ドメイン駆動設計(DDD)との格闘 - ユビキタス言語には不屈の闘志が不可欠

こんにちは、株式会社FLINTERSで企画職 (Product Owner、ProductManager、ProjectManager、雑用係などの総称)として働く加藤と申します。 私は、主に、インターネット広告代理店などデジタルマーケティングを実践されている企業へ、Yahoo!GoogleFacebookなどの広告媒体が提供するAPIなどを活用した、業務用のアプリケーションを開発提供するお仕事に携わっております。

ただいまFLINTERSでは、ブログ投稿強化月間ということで、前回のブログ ドメイン駆動設計(DDD)との格闘 - 突然DDD実践チームにPOとして参加することになったら - FLINTERS Engineer's Blogに続き、ドメイン駆動設計(DDD)を実践するチームに企画職として参加する時の心得について書いていきたいと思います。

この投稿の内容

第2回となる今回は、ドメイン駆動設計(DDD)における、ユビキタス言語(UBIQUITOUS LANGUAGE)との付き合い方について、紹介していきたいと思います。

企画職に求められるドメイン駆動設計(DDD)への貢献(前回からの引用)

おそらく、ドメイン駆動設計(DDD)の開発プロジェクトへ企画者として参加する場合、ドメイン (一旦、ここでは、その開発プロジェクトで解決したいビジネス上の課題というような定義にしておきましょう)にたいして、そのエキスパートである、または、相対的にチーム内で知見があり、発注者・利用者の中のドメインエキスパートから課題や知識をヒアリングし、ソフトウェアで解決できるように落とし込んでいくことが期待されていると思います。

こうした、期待に応えるために、企画職として実践できるようになっておきたい、ドメイン駆動設計(DDD)の手法は4つです。

  1. ユビキタス言語の発見・作成・普及
  2. 広義のドメイン・狭義のドメインの発見・作成
  3. コンテキスト境界の発見・作成
  4. コンテキスト境界同士の関係性の発見・作成

では、さっそく今回は、ユビキタス言語の謎に迫っていきましょう。

ユビキタス言語がなぜ大切なのか?

続きを読む

ドメイン駆動設計(DDD)との格闘 - 突然DDD実践チームにPOとして参加することになったら

こんにちは、株式会社FLINTERSで企画職 (Product Owner、ProductManager、ProjectManager、雑用係などの総称)として働く加藤と申します。 私は、主に、インターネット広告代理店などデジタルマーケティングを実践されている企業へ、Yahoo!GoogleFacebookなどの広告媒体が提供するAPIなどを活用した、業務用のアプリケーションを開発提供するお仕事に携わっております。

私の勤める会社は、株式会社セプテーニ・オリジナルから、2021年1月4日をもちまして、 株式会社FLINTERS(読み:フリンターズ)に社名変更し、「FLINT=火打ち石」を語源として、「未来につながる火を灯そう」をミッションに掲げて気持ち新たに頑張っております。ただいまFLINTERSでは、ブログ投稿強化月間ということで、私も恥ずかしながら駄文を投稿させていただきます。

この投稿の内容

ドメイン駆動設計(DDD)に突然、プログラミングとは無縁だった社員が放り込まれて四苦八苦しながら、ドメイン駆動設計(DDD)を実践する開発チームとお友達になるコツを紹介します。弊社及びグループ会社の開発関係者の方へ、研修や勉強会として提供させて頂いていた内容を少し改変しながら、数回に分けてお届けしたいと思います。 初回となる今回は、ドメイン駆動設計(DDD)との出会いと苦悩についてです。次回以降に、ユビキタス言語(Ubiquitous Language)、ドメインの発見の仕方、境界づけられたコンテキスト(bounded context)、コンテキストマップなどについて紹介していきたいと思います。

続きを読む

知っておきたいエンジニアリング組織論

こんにちは。業務効率化と組織論が好きな新卒 3 年目の清水(@_smzst)です。「エンジニアリング組織論への招待」を読んで、これまでの自身の経験と紐づいて強烈な学びと納得感が得られたのでぜひみなさんにも知って欲しいと思いまとめてみました。

今回は第 1 章の「思考のリファクタリング」に絞っています。もし、この内容がいいなと思ったらぜひ書籍を手にとってみてください。きっと役に立つはずです。

エンジニアリング組織論を通して組織やチーム全体が共通の認識を持ち、お互いの弱みを補い強みを引き出し合う共同体としてより大きな力を発揮する… このブログがそのきっかけとなればいいなと思っています。

続きを読む

会社名変更のお知らせ

f:id:septeni-original:20210104114450p:plain

  このたび2021年1月4日をもちまして、株式会社セプテーニ・オリジナルから、 株式会社FLINTERS に社名変更することとなりました。


新会社名: 株式会社FLINTERS (読み:フリンターズ)
英語表記: FLINTERS, Inc.
 
FLINTERSは、「FLINT=火打ち石」を語源として、「未来につながる火を灯そう」をミッションに掲げた社名となります。
今後とも変わらぬ御愛顧を賜りますようお願いします。