Septeni Engineer's Blog

セプテーニ・オリジナルのエンジニアが綴る技術ブログ

TypeScriptでキャッチされたエラー情報を型安全に扱いたい

こんにちは。中途6ヶ月の生田です。 現在は GANMA! というサービスの管理画面開発でWebフロントエンドを担当しています。 今回は実業務で直面した以下の課題について、キャンプ1期間にどう対処していったかをご紹介します。 TypeScriptでエラー処理をいい感…

新卒でデータチームにJOINして1年が経ったお話

こんにちは。新卒2年目の山上です。 データチームにJOINしてちょうど1年が経ったので、この1年間について書いてみたいと思います。 私がデータチームを志望したのは3つの理由からです。 できる同期に埋もれていたので、何か強みが欲しい、、!と思ったから B…

3ヶ月のリモート研修を終えて

目次 目次 自分について 入社して、まず てかScalaって何? リモートってどうなん? 研修の集大成、そしてリモートワーク世代の幕開け 最後に 自分について 私について軽く説明すると、大学では情報理工学部の人工知能系の勉強をしていた。 そんな中で私はロ…

新卒エンジニアが感じた入社してからの変化と学び

初めまして、今年の4月に新卒入社しました、エンジニアの中村です。 4月から3ヶ月間、研修を受けながらじっくり勉強させていただきました。 入社して3ヶ月で感じた自分自身の変化や学びを共有したいと思います。 自己紹介 経済学部を卒業しており、計量経済…

新人研修の感想

こんにちは。今年新卒で入ってきました栗原です。 弊社では、新卒研修後にブログに研修の感想などを執筆するのが恒例になっていまして、例に倣って僕も新卒研修で印象に残ったことや学んだことを書いていきます。至らない点もあるかと思いますがよろしくお願…

研修を終えて思ったこと

初めまして、今年新卒入社した北井です。 研修が本日で終わりなので振り返っていきたいと思います。 自己紹介 まずは軽く自己紹介させてもらうと、中学卒業後に、高専の情報工学科に入り、C,C++,PHPなどを学んで、卒業研究ではC++を使ったシステムを開発しま…

研修を終えて

目次 目次 自己紹介 研修についての雑感 事業研修 学習方法 講義形式 自習+質問形式 1 on 1 振り返りの時間 チーム研修について リモートでの学習について リモートワークの強み・弱み 社内制度についての雑感 自己啓発支援制度 技術書・マウス・キーボード…

2020 BN研修を終えて

こんにちは、2020年4月に新卒で入社した金渕です。7月1日付でチームにジョインとなり、4月から行ってきたBN研修も終わりを迎えるということで、研修全体で得られたこと、感じたこと、困ったこと、不安だったことを率直に記したいと思います。

2020年度新人研修をアップデートした話

こんにちは。新卒2年目の原田です。 以前は開発チームに所属していましたが、現在は教育チームに所属しています。 その背景として、私は昨年から個人的な目線ですが社内に教育に対して興味ある方や協力的な方が多くないように感じており、何か自分にできるこ…

独自の外部 DSL 編集をエディタでサポートする

こんにちは。CTOの河内です。 多くのプロジェクトがスタート時はそうである通り、我々のプロジェクトもAPI仕様がありませんでした。 最初は規模が小さく問題として認識されていなかったのですが、規模が大きくなり、また開発者の入れ替わりを経験するごとに…

EOSを使った分散型アプリでブロックチェーン革命の波に乗る!

こんにちは。菅野です。 近頃はビットコインなどの暗号通貨の話題を目にすることが多くなっていますよね。 ブロックチェーンという言葉を聞いたことがないエンジニアはいないと思います。 もうブロックチェーンを使ったDApp1のひとつやふたつくらいは作って…

【2019年度版】セプテーニ技術読本の無料配布

こんにちは。セプテーニ ・オリジナルの池田です。 2019年残すところもあと少しになりましたが、やり残していたことが一つあります。 そうです。 「セプテーニ技術読本2019」の公開です! ▲ 左から2019年、2018年、2017年、2016年度の技術読本

GraalVM for Scala ワークショップ開催レポート

こんにちは!GANMA! DevOps エンジニア兼、技術広報の青山です。 2019年もあと僅かですが、みなさん如何お過ごしでしょうか? 先日開催いたしました「GraalVM for Scala ワークショップ by Oracle & セプテーニ・オリジナル」の模様をお伝えします! shinjuk…

Terraformを使って複数のAWSアカウントにAWS Integrationを導入する

これは Datadog Advent Calendar 2019 13日目の記事です。 門脇(@blac_k_ey)です。 PYXISのデータ基盤チームでSREっぽいことを行っている傍ら、インフラチームとして横断的なインフラの管理・運用を行っています。 モチベーション 最近PYXISチームではモニタ…

お気に入りのScalaライブラリ・ツールをだらだら紹介する

この記事は Scala Advent Calendar 2019 の6日目です。 こんにちは。最近はPYXISのデータ基盤チームでSREっぽいことしている 門脇(@blac_k_ey)です。 TETRIS99の次はポケモンに進捗を奪われる日々を送っています。 締め切りギリギリまで ポケモンで忙しかっ…

関数型ニキ達にインスパイアされた最近の Scala 開発の取り組み

こんにちは、中途三年目の堀越です。 近頃、Scalaのコミュニティにおいて Functional Programming による実装テクニックを紹介する記事や発表を見たり聞いたりすることは珍しいことではなくなってきました。弊社にもたくさんの関数型ニキ*1が在籍しており、…

Scala秋祭り開催しました!

こんにちは。セプテーニ・オリジナルの池田です。 先日サイバーエージェントさん、ビズリーチさん、チャットワークさん、そしてセプテーニ・オリジナルの4社で、「Scala秋祭り」を開催しました!! 【増席】Scala秋祭り - connpass 今年6月に開催されたScala…

業務十倍効率化計画 Sentry API ft. Shell Script

みなさんこんにちは、2 年目を迎えました清水です。Scala 全然書かずに TypeScript やら Shell Script ばっか書いてます。今回はエラートラッキングツール Sentry の API を使って業務を効率化したよという内容で書かせていただきました。 概要をざっくりと…

PYXISインフラチームの軌跡

中途三年目、堀越です。 わたしはPYXISという広告代理事業のエンジニアです。アプリケーション開発をする傍らインフラチームという集団の一員でもあります。今日はそのインフラチームついて書いていきたいと思います。 メンバー構成 わたしを含め4人のメンバ…

プログラミング初心者が3ヶ月半の研修を終えて

はじめまして!新卒入社1年目の山上です。 この度約3ヶ月半の新卒研修を終え、遂にチームにジョインできるということで、新卒研修をする前を思い出しながら振り返っていきたいと思います。 個人的に就職活動中いろんな会社の新卒ブログを読み漁ったので、そ…

新卒研修を終えての振り返り

こんにちは。2019年4月に新卒で入社した宗像です。今日で4月から続いてきた新卒研修が終わるということで振り返りのためのブログを書いています。 ここに書くフィードバックで来年以降の研修がより良いものになればと思います! また、私は入社前にセプテー…

【SRE本読書会】効果的なトラブルシューティング

中途三年目、社内でSREの風を吹かせております堀越です。 ここ最近、弊社の中でも割と長寿なプロダクトの保守を行ってきました。そんな中、自身のトラブルシューティングスキルに課題感を感じていましたのでSRE本の 「12章 効果的なトラブルシューティング」…

2019年度 新卒研修の振り返り

こんにちは. 2019年4月に入社した原田です. 新卒研修が終了したため, 振り返りをします. 自己紹介 研修 目標 内容 ルール 思ったこと 目標に対して 辛かったこと, 困ったこと 最後に 自己紹介 私は商業学科の高校に入学し, 授業でVBA / C#を, 大学では情報系…

【Septeni Original新卒3ヶ月】成長できる研修、挑戦できる環境、崩れ去る社会人像

社会人とは Septeni Originalに入社して3か月 新卒研修 できるようになったこと 心理的安全 イベント 社内の勉強会 開発合宿 ビジネスコンテスト これから 社会人とは 僕が小学生の頃、社会人は皆、スーツを着て、朝7時に家を出て、出社時間の8時のそのさら…

二泊三日の開発合宿へ行ってきました!in おんやど恵@湯河原 Ver.2019年7月

中途三年目、堀越です。 先日、二泊三日の開発合宿へ行ってきましたので振り返りのブログ投稿となります。 Power!!! 今回のテーマ 今回のテーマは 「物理的、心理的に日常業務から離れて将来的にプロジェクトで導入できそうなちょっと先の技術に触れる」 と…

jsverifyでjavascriptのProperty Based Testingをやってみる

こんにちは、丸山です。 最近フロントエンドのテストデータの管理にコストがかかるという問題がチームで出ました。テストデータを手動で用意すると、データの記述量が多くなり、また仕様が変わりテストを直すことになると、今度はそのテストデータを一つ一つ…

【書籍】Java並行プログラミング「第6章 タスクの実行」を読みまして - 前編

中途三年目、堀越です。 突然ではありますがわたくし、並行プログラミングについて学習しております。その活動の一部として絶版になっている「Java並行プログラミング」読んでいる最中であります。 www.amazon.co.jp 普段 Scala を書くことが多いわたしにと…

危険!AIに奪われる遊び 〜本当にゲームはヤバいのか検証する〜

みなさんはAIと聞いてどういうものを思い浮かべますか?AIは知らず知らずの間に既に生活の中でお世話になっていたりして、既に仕事などにも活用できる段階になっています。もしAIが人の仕事を奪ってやってくれるなら、遊ぶのもAIに任せたいと思いませんか? …

The Elm Architectureの構成とデータフロー

こんにちは、丸山です。 前回フロントエンドの状態管理を考える一つの方法としてFluxを見てみました。 今回はThe Elm Architectureについて見ていきたいと思います。 The Elm Architectureとは 公式ガイドによればThe Elm Architectureは関数型プログラミン…

Fluxの構成とデータフロー

こんにちは、丸山です。 最近業務でVue.jsの状態管理ライブラリであるVuexを触る機会が多くありました。 VuexはFlux、Redux、The Elm Architectureの影響を受けています。 これらを理解していくことはVue.jsのみならずフロントエンドにおける状態管理を考え…