FLINTERS Engineer's Blog

FLINTERSのエンジニアが綴る技術ブログ

【SRE本読書会】効果的なトラブルシューティング

中途三年目、社内でSREの風を吹かせております堀越です。 ここ最近、弊社の中でも割と長寿なプロダクトの保守を行ってきました。そんな中、自身のトラブルシューティングスキルに課題感を感じていましたのでSRE本の 「12章 効果的なトラブルシューティング」…

2019年度 新卒研修の振り返り

こんにちは. 2019年4月に入社した原田です. 新卒研修が終了したため, 振り返りをします. 自己紹介 研修 目標 内容 ルール 思ったこと 目標に対して 辛かったこと, 困ったこと 最後に 自己紹介 私は商業学科の高校に入学し, 授業でVBA / C#を, 大学では情報系…

【Septeni Original新卒3ヶ月】成長できる研修、挑戦できる環境、崩れ去る社会人像

社会人とは Septeni Originalに入社して3か月 新卒研修 できるようになったこと 心理的安全 イベント 社内の勉強会 開発合宿 ビジネスコンテスト これから 社会人とは 僕が小学生の頃、社会人は皆、スーツを着て、朝7時に家を出て、出社時間の8時のそのさら…

二泊三日の開発合宿へ行ってきました!in おんやど恵@湯河原 Ver.2019年7月

中途三年目、堀越です。 先日、二泊三日の開発合宿へ行ってきましたので振り返りのブログ投稿となります。 Power!!! 今回のテーマ 今回のテーマは 「物理的、心理的に日常業務から離れて将来的にプロジェクトで導入できそうなちょっと先の技術に触れる」 と…

jsverifyでjavascriptのProperty Based Testingをやってみる

こんにちは、丸山です。 最近フロントエンドのテストデータの管理にコストがかかるという問題がチームで出ました。テストデータを手動で用意すると、データの記述量が多くなり、また仕様が変わりテストを直すことになると、今度はそのテストデータを一つ一つ…

【書籍】Java並行プログラミング「第6章 タスクの実行」を読みまして - 前編

中途三年目、堀越です。 突然ではありますがわたくし、並行プログラミングについて学習しております。その活動の一部として絶版になっている「Java並行プログラミング」読んでいる最中であります。 www.amazon.co.jp 普段 Scala を書くことが多いわたしにと…

危険!AIに奪われる遊び 〜本当にゲームはヤバいのか検証する〜

みなさんはAIと聞いてどういうものを思い浮かべますか?AIは知らず知らずの間に既に生活の中でお世話になっていたりして、既に仕事などにも活用できる段階になっています。もしAIが人の仕事を奪ってやってくれるなら、遊ぶのもAIに任せたいと思いませんか? …

The Elm Architectureの構成とデータフロー

こんにちは、丸山です。 前回フロントエンドの状態管理を考える一つの方法としてFluxを見てみました。 今回はThe Elm Architectureについて見ていきたいと思います。 The Elm Architectureとは 公式ガイドによればThe Elm Architectureは関数型プログラミン…

Fluxの構成とデータフロー

こんにちは、丸山です。 最近業務でVue.jsの状態管理ライブラリであるVuexを触る機会が多くありました。 VuexはFlux、Redux、The Elm Architectureの影響を受けています。 これらを理解していくことはVue.jsのみならずフロントエンドにおける状態管理を考え…

Ansible + GitLab Runner で作るデプロイジョブ

中途三年目、堀越です。 Ansible で GitLab CI/CD 上にデプロイジョブを実装しましたのでそのアウトプットです。 www.ansible.com はじめに もともとSSHしつつポチポチとシェルを叩いて Play Framework をデプロイしていたのですが、自動化しましょうという…

新宿 Geek Lounge#7 SRE Meetup を開催しました

中途三年目、堀越です。 3/12(火)に弊社のトークイベント、新宿 Geek Lounge を開催しました。 今回のトークテーマは最近社内でもそよそよと風が吹いている SRE です。 当日の模様について簡単にレポートしていきたいと思います。 shinjuku-geek-lounge.conn…

良い組織の良いチームで良い仕事をするために、何が必要だったのか

東です。もう入社して三年目も終わろうかという頃です。早いものです... 今回は技術のことについてはお話しません。目新しいことに触れる機会は減ったし、技術者として極まった人たちは他に沢山いらっしゃるので、僕は僕の書きたいことを書いてみることにし…

Scala + logstash-logback-encoder でJSONログを出力しよう!

こんにちは、門脇(@blac_k_ey)です。 Tetris99に進捗を奪われるのが趣味です。 … 最近、アプリケーションログ周りを整えるお仕事をしておりまして、 その中で logstash-logback-encoder というライブラリを触りました。 使い心地がとても良かったので、今回…

退屈なことは GitLab API にやらせよう

みなさんこんにちは、もう少しで入社から 1 年が経ちそうな新卒の清水です。 ところで自動化って気持ちいいですよね。今回は GitLab API で 面倒な 温かみのある手作業から解放されてみた話について書いてみました。 本題に入る前に API から weight 合計を…

DockerアプリケーションをHerokuにデプロイしてWebサーバー構築

中途三年目、堀越です。 つい先日、仲良くさせていただいているエンジニアのコミュニティで箱根へ2泊3日の開発合宿へ行ってきました。 何した? プライベートで仲良くさせていただいている外部のエンジニア3人でチームを組み、 Slack の Bot を開発しました…

【SRE本読書会】SREにおけるサービスレベル目標

中途3年目、堀越です。 ゆるふわっと読書会を始めてから三ヶ月が経過し、SREとはなんたるかの理解が進んできました。今回は、SREの文脈でも極めて重要と認識している、サービスレベル指標・目標・アグリーメント(SLI, SLO, SLA)について書きたいと思います…

健康ハックの共有: 僕と貴方の目・肩・腰に

こんにちは。セプオリに入社して丸1年経ちました、中村と申します。 今回はブログ当番が回ってきたにもかかわらず特に技術ネタがないので、かわりにすべての技術の源、健康についてさっと書いて体裁を保とうと企てています。 ということで突然ですが、みなさ…

【SRE本読書会】第1部 イントロダクション振り返り。

SRE

あけましておめでとうございます。 中途三年目の堀越です。 システムを保守・運用したり、可用性を担保しながら機能追加や新規開発を進めるのは簡単なことではないですよね? 課題として認識はしているものの具体的な対策を打てずにいましたが、 SRE という…

Monix Task のエラーハンドリングやリトライ処理

この記事は Scala Advent Calendar 2018の25日目です。 メリークリスマス、中途三年目の堀越です。 以前から関心のあった Monix ですがようやく重い腰を上げ、 アドカレドリブンで学習しました。 monix.io 話すこと Monix Task をざっと学習したのですがその…

IntelliJ IDEA + AmmoniteでScalaスクリプトの開発を始めよう

この記事はScala Advent Calendar 2018の20日目です。 ブログに初投稿します、エンジニアの門脇(@blac_k_ey)です。 広告運用周りの開発を担当しています。 最近、自分の中でAmmoniteが熱いのでこの度ブログを書いてみることにしました。 今回はIntelliJ IDEA…

新宿Geek Lounge#6 Kubernetes Meetupを開催しました

こんにちは。セプテーニ・オリジナルの池田です。 12月11日に弊社で「新宿Geek Lounge#6 Kubernetes Meetup 」を開催しました! テーマはKubernetesの導入した経験談(成功、失敗)やベストプラクティスです。 セプテーニ ・オリジナルでKubernetesを導入した…

Terraform プロジェクトの .gitlab-ci.yml テンプレート

中途3年目の堀越です。 今年は Terraform で Infrastructure as code デビューしました。 コードは GitLab で管理していたのでその際、作った .gitlab-ci.yml についてお話します。 環境毎に terraform plan, terraform apply できれば基本的なCIの動作は満…

Play Framework Evolutionsで特定リビジョンまでのDownsとUpsをテストする

こんにちは。今年もクリぼっち予定の張沢です。 本記事はScala Advent Calendar 2018 13日目の記事です。 先日はshowmantさんの「circeをつかったバリデーションの実装」でした。 明日はnacikaさんの「AkkaのMailboxを自作する」です。 今回はPlay Framework…

GitLab CI で Scala のテストを雑に速くする方法

こんにちは。 .gitlab-ci.yml を書くのが好きな河内です。 社内では GitLab をホスティングして使っています。 GitLab の機能追加速度はすごいですね。 毎月22日にリリースされることになっており、毎回それなりに機能追加されています。 さて、11月22日にリ…

Scala関西Summit2018へ参加してきました!

こんにちわ、Scalaが好きな堀越( @tkt_hoorie )です。 ということでプログラミング言語Scalaの関西最大級カンファレンスイベント Scala関西Summit2018 へ参加してきました。 2018.scala-kansai.org こちらは会場の天満研修センター。

実践Scala入門を書いた (共著)

こんにちは。Scalaのプログラミングができる河内です。 共著という形で取り組んでいた実践Scala入門が、先日、技術評論社から発売されました。 なお、同僚の青山さん、技術顧問の麻植さんも共著者として名を連ねています。 gihyo.jp

Amazon EC2 リザーブドインスタンス調査

AWS

節約大好き、中途三年目になりました堀越です。 サーバーコストは地味に痛いですよね。 コスト削減活動の一貫として既存プロダクトをリザーブドインスタンス(以下、RI)に、 乗せる動きとなっています。 とはいうものの、前提としてあまりRIの知識があまりな…

BigQuery で複数の配列をフラット化する

こんにちは、中途で入社してからちょうど丸 1 年がたちました田邊(@emaggame)です。最近は React + TypeScript を利用したフロントエンドや Scala による Web API 開発もそこそこに、Akka Stream によるデータ収集や BigQuery での集計といったこともしてお…

JSON Codec を楽しもう、現場で役立つ circe

おつかれさまです。 中途2年目の堀越です。 Webアプリケーションなんかを開発していると、 例として Http Request / Response を処理するのに大抵は JSON を扱いますよね。 わたしは Scala を触り始めてから長らく play-json と歩みを共にしてきたのですが、…

【2018年度版】セプテーニ技術読本の無料配布

こんにちは。セプテーニ・オリジナルの池田です。 弊社は3年前よりScalaMatsuriに将軍スポンサーとして協賛しており、毎年「技術読本」をノベルティとして配布しております。 今年で3冊目となりました! ▲ 左から2016年、2017年、2018年度の技術読本